国家一般(国2)、出先機関、ノンキャリア。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずはよく勉強すること。
この仕事を楽しみたい、出世したい、同僚から一目置かれたいなどといった欲求を満足させたいのなら、まずはよく勉強することだ。

基本的に、私たちの仕事は全て法律に基づいてなされる。窓口の部署であれ、業行政に関する部署であれ、事業を行う部署であれ、それぞれにその根拠となる法律を持つ。(この手続きはなぜしなくてはならないのですか?と問われた際に、これこれこの法律で決められているのですと返せなくてはならない。)

ゆえに、しっかりと法律を勉強しなくてはならない。でなければ、正しい権力の行使は不可能だからだ。

狭義の法律だけではない。その下にぶら下がっている施行令や施行規則はもちろんのこと、実務では事務連絡や通達、行政回答に加えて最近流行りのガイドライン系も頭に叩き込む必要がある。

ただし、法科の学生が試験に臨むが如く、条文を丹念かつ悠長に学んでいくのではない。実務でよく使用するところ、論点になるところなどを自分なりに濃淡つけつつ、仕事を進めながら学んでいくのである。

はっきり言って、仕事を進めるだけならそれほど難しく考える必要はない。極端な話、昨年度の資料を見てそれに倣っておけば大怪我をする可能性は低い。しかしながら、定型的な手続きであっても、根拠条文などを紐解くと意外に奥が深かったりするものだ。(「Aという状況ではBという処分をする」という一見単純な手続きであっても、その行為が正当化されるまでに、さまざまな通達や事務連絡が絡んでいたりする。)

最近はイントラネットの発達によって過去の資料なとが随分検索し易くなった。(マイナーな30年前の本省局長通達なんて、一昔前なら探すのに手間がかかって仕方なかった。)

この恩恵にあずからない手はない。業務が空いた時間に無駄な雑談に興ずるのではなく(人脈構築のための雑談は大事だが)、積極的に資料読み込みの時間に充てることが重要だ。

私たちは法律の制定という華々しい工程に携わることは、滅多にない。基本的には霞が関から流れてきたもので仕事を行う。しかし、法律の運用についてはプロフェッショナルであるということは、心のどこかに置いておくべきである。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://katakutiiwashi.blog81.fc2.com/tb.php/283-7ce3d294
プロフィール

katakutiiwashi

Author:katakutiiwashi
国出先勤務ノンキャリア国家一般三十路。




 

最近の記事
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。