国家一般(国2)、出先機関、ノンキャリア。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奇特な方に告ぐ

故郷に帰ったらみんなにいってやれ

子供ができたらその子に教えるんだ

パパはアウステルリッツに行ったんだと


―byナポレオン
「ナポレオン-獅子の時代-」(長谷川哲也)



合同庁舎のリクスー就活生が
まぶしかったので、引き続き就活話をば。



某所において、

「酷2」

と揶揄されるように、

地方公務員(地上行政職)と、
国家公務員(2種)両方内定貰って、
後者を選択する人は、少数派だと思います。
たぶん。

僕はその少数派の一人です。

「おら、くにのために働く!」
と某自治体(都心部・財政に余裕有)
を蹴ったんですが、
そりゃあ、もう、
後悔しますた!

と、いいますのも。

その自治体に学校の同級生がたくさん
入り込んだんですが、
給与・待遇・転勤の有無・身分の安定・
自由時間・福利厚生といった、
およそ会社選択の際に重要な項目において、
ことごとくその自治体に負けてるんですわ。

そして、まぁちょっとやらしい話すると、
出世の上限に加えて、
平均的な上がり役職が全然違います。
(↑このへんはまた別途簡単に記事書こうと思います。)

したがって、頑張って地上合格して下さい。


↑ここまで前置き。
↓ここから手前味噌。

僕は会社選択時の決断を概ね後悔してますが、
しかしながら、
やっぱり凄いなあ、ここ来てよかったあと思うのは、
国家的ビッグプロジェクトに関われることですね。

……国家的ビッグプロジェクト(笑)

………国家t(w

笑う勿れ、
曲がりなりにも国が行うデカイ事業なんだから、
紛れもなく国家的プロジェクトなんです!

このプロジェクトの成否で、
とてもとても大人数の人が影響受けるんです。

手前味噌ぶちまけですけど、
こんなことできるのは国くらいです、
っていうことに携わることができます。

これって、すごくねー。

ただし。
一兵卒としてですけどね(ここ重要)。

地上ならば、組織の幹部になることができます。
「鶏口となれども牛後となるなかれ」
これもまた真実。

アウステルリッツの戦いに参加した一兵卒のごとく、
大きな組織で、大きな案件のために、末端分子として
身を投げ出さんとする人は、
地上の面接蹴って是非官庁訪問に行きましょう!

あ、ダヴー元帥やスルト元帥になりたい人は、
1種試験を受けましょう。
ナポレオンになりたければ、出馬の準備しましょう。

……一兵卒で参加したにもかかわらず、
戦略論に重きを置く人を僕はあまり尊敬しません。

胸に秘めるのは大事だと思いますが、
天下国家語る暇あったらタテヨコチェックをしよう、な?
(↑某後輩向け)
スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://katakutiiwashi.blog81.fc2.com/tb.php/196-69918420
プロフィール

katakutiiwashi

Author:katakutiiwashi
国出先勤務ノンキャリア国家一般三十路。




 

最近の記事
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。