国家一般(国2)、出先機関、ノンキャリア。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
官庁訪問(2種出先)のおもいで
引き続き官庁訪問話(2種出先)などを。
記事の位置づけは「ぼくのおもいで」程度なんで、
就活生様の参考にはならんと思います。

■面接で嘘をつくとこうなります。
某Z局人事課長に「9割がた大丈夫!」と言われていたのに
総務部長にはったりかました揚句ボロが出て内々定に至らなかった事例。
http://katakutiiwashi.blog81.fc2.com/blog-entry-60.html

■Z嬢に首ったけ
この役所の印象については、
あり様も言及(「⑪一番ひどい例」)されてますね。

だいたいそんな感じです。
基本、高飛車ですね。
CV:青山ゆかり、みたいな。

ルートにのってるうちはあれやこれやと構ってくれますが、
振るときは手ひどく振ってくるんで気をつけましょう。
(僕はこの気まぐれ高飛車のお嬢様に、
 最後の最後まで振りまわされました。
 詳細は別途記事におこそうかな、と。)

ま、就活なんて騙し・騙されで当然なんですが、
ここは他官庁への浮気許容度が低いんで、
ついつい「首ったけ」状態になりがちで、
そうなると振られたときに後がありません。

自分の身を守るために、
お嬢様の目を盗んで、
比較的寛容な官庁の好感度もできるだけあげとくべきですね。

そのうえでC日程に挑むのが定石、と。


スポンサーサイト
奇特な方に告ぐ

故郷に帰ったらみんなにいってやれ

子供ができたらその子に教えるんだ

パパはアウステルリッツに行ったんだと


―byナポレオン
「ナポレオン-獅子の時代-」(長谷川哲也)



合同庁舎のリクスー就活生が
まぶしかったので、引き続き就活話をば。



某所において、

「酷2」

と揶揄されるように、

地方公務員(地上行政職)と、
国家公務員(2種)両方内定貰って、
後者を選択する人は、少数派だと思います。
たぶん。

僕はその少数派の一人です。

「おら、くにのために働く!」
と某自治体(都心部・財政に余裕有)
を蹴ったんですが、
そりゃあ、もう、
後悔しますた!

と、いいますのも。

その自治体に学校の同級生がたくさん
入り込んだんですが、
給与・待遇・転勤の有無・身分の安定・
自由時間・福利厚生といった、
およそ会社選択の際に重要な項目において、
ことごとくその自治体に負けてるんですわ。

そして、まぁちょっとやらしい話すると、
出世の上限に加えて、
平均的な上がり役職が全然違います。
(↑このへんはまた別途簡単に記事書こうと思います。)

したがって、頑張って地上合格して下さい。


↑ここまで前置き。
↓ここから手前味噌。

僕は会社選択時の決断を概ね後悔してますが、
しかしながら、
やっぱり凄いなあ、ここ来てよかったあと思うのは、
国家的ビッグプロジェクトに関われることですね。

……国家的ビッグプロジェクト(笑)

………国家t(w

笑う勿れ、
曲がりなりにも国が行うデカイ事業なんだから、
紛れもなく国家的プロジェクトなんです!

このプロジェクトの成否で、
とてもとても大人数の人が影響受けるんです。

手前味噌ぶちまけですけど、
こんなことできるのは国くらいです、
っていうことに携わることができます。

これって、すごくねー。

ただし。
一兵卒としてですけどね(ここ重要)。

地上ならば、組織の幹部になることができます。
「鶏口となれども牛後となるなかれ」
これもまた真実。

アウステルリッツの戦いに参加した一兵卒のごとく、
大きな組織で、大きな案件のために、末端分子として
身を投げ出さんとする人は、
地上の面接蹴って是非官庁訪問に行きましょう!

あ、ダヴー元帥やスルト元帥になりたい人は、
1種試験を受けましょう。
ナポレオンになりたければ、出馬の準備しましょう。

……一兵卒で参加したにもかかわらず、
戦略論に重きを置く人を僕はあまり尊敬しません。

胸に秘めるのは大事だと思いますが、
天下国家語る暇あったらタテヨコチェックをしよう、な?
(↑某後輩向け)
自分なりの面接論
おやおや、
今年度も官庁訪問の季節がやってきますよ、と。

というわけで、面接について思うことを以下書きます。
位置づけとしては、あくまで僕の頭の整理なんで、
ゆめゆめ参考にされることなきよう。

さて。

いま思い返すと、官庁訪問(僕が受けたんは2種のやつですね)には
入社してから求められる要素がギッチリ詰まっていたと思います。
そのひとつが、「想定問答作成能力」だと思います。

関係者説明会とか、
上級機関のヒアリングですとか、
持ち回りの決済ですとか、
そういう場面で必要不可欠な能力ですから。

説明会で、
「○○ということは可能か?」
「これは○○という解釈も可能か?」
と聞かれて、
「・・・調べて回答します」
とか言ってのでは全然仕事が回らない。
次の説明会で回答するつもりですか?
ひと月仕事が送れますよ?

だからといって、
テンパって曖昧なことやできもしないことを
口走るのは大大大大NG。

したがって、
質問されそうなことを予想しておいて、
回答できること・できないことの整理、
回答できるならその程度・範囲を決めておく必要があります。
もちろん、
回答が法令や過去の見解と矛盾していないかの
検討も済ませておく必要があります。
そうしないと、とんでもない手戻りが発生してしまいます。

これって、面接の構図と非常に似てるんですよね。

まあ、面接の場合は手戻りというか「お祈りメール」
だったりするんですが。

というわけで、
面接で聞かれることを予想して、
嘘にならない範囲で
面接官の好みそうな回答案を作成しておく。
あとは、元気よく答える。
これですよ。

だから、
学生時代に大したことしてる人・資格を持ってる人が
面接で有利なのは間違いないけど、
大したことしてなかった人・資格を持っていない人も、
きっちりと回答案を作り込んでいけば、相当挽回はできると思います。

少なくとも、なんも考えずに面接に挑む勇者、
あるいは、想定問答の意味をはきちがえて
「ありのままの自分」を素直に話す奴よりかは有利だと思います。

僕が官庁訪問してたとき、
前者はあんまりいませんでしたけど、
後者はけっこう見受けられましたよ。

ちょっと本論から外れますけど、
僕が就活しているときに、
「自己分析」が大事って言われましたけど、
一番大事なんは「面接官分析」(志望先が求めるもの分析)
だと僕は思います。

「面接官分析」・「会社分析」をしてたうえで、
理想の回答を設定して、
それに近い回答を考えるために、
「自己分析」を行うのであって、
決してありのままの自分を訴えかけるために
自己分析するわけではないです。
このへん、勘違いするといけないと思います。

話戻します。

面接で一番やっちゃいけないのは、
想定外の質問に安易に回答すること。
そして、突っ込まれて深みにはまっていくこと。

こういうのを、うちの業界は一番嫌います。
説明会で、想定外の質問されたとき、
テキトーなこと言うより、回答保留の方がずっとマシです。

面接においては、「わかりません」とか「不得手です」とか
正直に答えた方がまだマシだと思います。

トーク力のある人は嘘八百で乗り切るのかもしれないですけど、
そうでない人は、深みにはまると取り返しつかないので、
回答保留するか、それがイヤならしっかり想定問答作成していきましょう。

僕は今日も説明会の想定問答作成してました。
来る可能性が限りなく低い更々問の回答を考える作業から早く逃れたいお……
プロフィール

katakutiiwashi

Author:katakutiiwashi
国出先勤務ノンキャリア国家一般三十路。




 

最近の記事
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。