国家一般(国2)、出先機関、ノンキャリア。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
与えられた使命をこなせば世の中は良くなる
与えられた使命(タスク)をこなせば、自ずと世の中は改善される。自分がやっている使命が「世の中の役に立っているか、否か」ということで悩むくらいなら、与えられた使命をより効率的にこなすための手法について考察する方がよい。不必要な使命は、必ず淘汰されるのだから。

漫画『ゴルゴ13』の主人公で、殺し屋のデューク・東郷は、依頼されればどんなに困難な任務でも達成する。デュークは任務を引き受けるときに「自分が殺しをするときことで世の中が改善されるだろうか」と悩んだりすることは、あまりなかったように思う。殺人はもちろん重犯罪だけれども、それでも作中の人物がしばしば「デュークは一流だ!」「彼は本物のプロフェッショナルよ」などと称賛するのは、与えられた使命を確実にこなす、というところを高く評価しているゆえだと思う。

だからといって、与えられた使命があまりにも<常識ハズレ>だった場合は、それを拒む必要もあろうかと思う。たとえば、賞味期限を改ざんしたり、耐震強度を偽装したりする使命が仮に自分に与えられた場合、拒ばなければならないのかなと思う。

ただ厄介なのは、社会的な常識と業界内の常識が乖離している場合で、その場合、社会的な常識に従った場合、同業他社との競争において著しく不利になったりする。(賞味期限を偽装するのが当たり前で、正直者が馬鹿を見るみたいな)。

特に経済情勢が逼迫してきたり、構造不況的な業界だと、そう奇麗事ばかり言ってられないというのはなんだか最近わかってきたような気がするけど、それでも、社会的な常識と業界の常識を一致するような、そんな世の中になってほしい。

「常識とは何か」については、後日考えを書いてみたい。


○僕には常識が大きく欠落しているところがあるので、非常に生きにくいw
○「常識」と「コミュニケーション能力」さえあればどこでだって楽しくやっていける気がする。
スポンサーサイト
プロフィール

katakutiiwashi

Author:katakutiiwashi
国出先勤務ノンキャリア国家一般三十路。




 

最近の記事
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。