国家一般(国2)、出先機関、ノンキャリア。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当業界に飛び込まんとしている若者方へ

政府は29日午前、国家公務員雇用調整本部(本部長・町村官房長官)を開き、国家公務員の純減に向け、2009年度に農林水産省の農林統計と食糧管理部門、国土交通省の北海道開発部門の職員678人を他府省などに配置転換する実施計画を決めた。

加えて、最高裁判所など行政機関以外の国の機関に11人の受け入れを要請し、合計689人の配置転換を目指す。


「国家公務員689人を配置転換」@読売新聞(2008年2月29日付け)


前年度のニュースだけど、まずこういう状況におかれている、と。有り体に申し上げますと、非常にアゲインストの風が吹いています。ものすごくアゲインスト。現在、上記のような配置転換をしている会社は限られているけど、定数純減・民営化や地方分権が叫ばれる昨今、希望に沿わない配置転換が増えると予想される。

配置転換について、僕が会社に入る前は「配置転換?要するに部署変わるだけだろ。合理化計画なんだから、本来なら解雇されるべきところ、部署変わるだけで済むんだから、やっぱりこの業界は恵まれているなあw」と思ってた。

しかし、入社してから実感したのだけれど、国出先採用の人間は(これは省庁にもよるが)、たいてい特定の仕事に長く携わるので、突然畑違いの仕事を任されたときの戸惑いは大きい。これまで培ってきた経験や知識、それらに裏付けされた誇りに潔く別れを告げたうえで、さらに、未知のものを、まさにゼロから学ぶ覚悟をしなければならないからだ。無論、いきなり解雇されるよりはチャンスを頂けることは、恵まれている。それは間違いない。

間違いないのだけれども、不安定な状態になっているのは確かで、本省や、財政が危険ではない自治体と比較すれば、もはや同じ業界とは言うことができないほど、国出先は将来性がない。給料の多い少ないの問題ではなく、組織そのものの存続が危ぶまれる。だから、定年まで安心して勤務したいと思うならば、本省や財政に余裕のなる自治体に、全力で合格しなければならない。

もっとも、安定した職場に勤めたいのに、国出先しか選択肢がない状況に陥る人もいるだろう。では、そんなときはどうするか。

国出先に勤務することの数少ないメリットは、専門性を身につけられることだ。ただ、専門性を深めるということは、同時にツブシがきかなくなっていくということでもある。いかに特定の分野の知識や経験を身につけても、その分野の需要がなくなれば「終了」である。

だから、国出先で安定しているといえる会社は、将来性のある分野を所管しているか否かである。決して目先のメリット(出世が早い・転勤が少ない・定時で帰れる等)にプライオリティを置いてはいけない。国出先は、定数純減・地方分権・民営化という嵐に遭遇している、いつ沈没してもおかしくはない船のようなものだから、いまさら「船のどの部分が一番安全か?」などという観点で良し悪しを語るよりも、「船のどの部分に財宝が残されているか?」という見方をした方が生産的だ(もちろん、理想は安全かつ財宝が残されてる部屋を見つけることである)。

残された財宝さえ自分のモノにすれば、すなわち将来性のある分野に関する専門知識があれば、地方に権限移譲されても、あるいは民営化・非公務員化されても、そのまま継続雇用される可能性は高まるだろう。また、知識に磨きをかければ、士業として開業できることもある。

「ブラック揃いの国2出先ではどこが一番マシなんだろう…」と嘆きながら官庁訪問するよりも、「宝探し」気分で官庁訪問をすると、ちょっとは楽しくなるかもしれないよ。もっとも、そういう観点で就職先を選べるような人なら、民間企業行った方が数的にも質的にも待遇的にも良いんだろうけどね……。
スポンサーサイト
直属の上司をないがしろにしてはいけません
僕の所属はA課A係であり、直属の上司はA係長である。質問や相談は、A係長にするのが原則だ。A係長がわからなければ、A課B係長やA課補佐に質問する。

先日、ある業務を進める上で、自分では判断できないこと発生した。上司に相談せねばらならない。ここで、僕は相談相手について考えた。上で述べたように、質問や相談は原則A係長に対してすべきである。しかし今回は少し事情が異なる。実は、その業務について、A係長があまり知識を持っていないことが分かっているのだ。他方、B係長はその業務について通暁している。

僕は、A係長に相談することなく、B係長に相談することにした。B係長から的確な回答・助言を頂き、その業務について無事進めることができた。

しかし、後日、以下のエントリを読んだとき、「マズいことをした!」と思った。

会社には『暗黙のルール』というものが存在する。
それは、入社時研修では決して教えてはもらえない。
その中のひとつに、会社は『縦の組織である』ということ。
わかりやすく言えば、直の上司を飛び越してはいけない、と言うこと。

確かに、決裁権のあるトップにお伺いをたてる方が、はるかに効率も良いし、ましてや、直の上司が『使えないヤツ』だったりすると、決裁権のある人にお伺いをたてたいところではあるが、これは『縦社会である会社』では、絶対にやってはいけないのである。


「暗黙のルール」@頑張れ!OL!(2006年6月14日付)

ある業務を進めるための決済文書はA係長を経由するとはいえ、直属の上司になんの相談もなく進めてしまうカタチになった。非常に失礼なことをしてしまった。しかも、A係長は決して「使えないヤツ」ではなく、たまたまその分野の知識に疎いだけである。機転もきくし、親切な方だ。ならば、「A係長に聞いてから、次にB係長に聞く」、あるいは「A係長からB係長に聞いてもらう」と持っていくのが筋というものではなかったか。

万が一、事前の情報と違い、A係長がある業務についての知識を持っていて、さらにB係長とは見解を異にしていたら、自分はどうするつもりだったのだろう……。A係長はさっぱりとした性格の方なので、そんなに後をひいたりはしないと思うが、やはり気持ちのいいものではないだろうな。

学生時代は「縦社会とかくだらねー、効率性重視ですよ」と思っていたけれど、「暗黙のルール」を守ることの重要性もわかってきた気がする。
人に疑いをかけて、それを指摘するときは細心の注意を払え。
仕事中、不具合が発生。
原因を推測したところ、ひとつ思いあたるところがあった。Aさんだ。僕は、「Aさんのミスによるものだろう」と推測した。大した根拠はないが、しかし、消去法でそれしか原因が思い浮かばないのだ。


そこで、Aさんにミスをしていないかどうかの確認を求めることにした。Aさんに確認を求める直前、僕は考えた。「Aさんのミスが原因であるという推測には確たる根拠がない。だから、Aさんに確認を求めることは、不具合の原因がAさんのミスでなかった場合に、結果的には失礼にあたる。ここは、慎重に言葉を選ばなければいけないな」と。


なのに、実際に出てきた言葉は「申し訳ございませんが、Aさんのミスが原因で不具合が発生していると思うのございますが、いかがお考えですか。お手数ですが、ミスを是正してくれませんか(弱弱しく)」というような言葉。


馬鹿じゃないのか。本当に馬鹿だ。
(無茶苦茶だが)敬語で包んではいるし、態度自体は非常にシタテ(=弱々しい)でも、言葉の中身はむちゃくちゃ失礼じゃないか!!非常にマヌケだ。そのときの自分はこれで「柔らかな発言をした~」と思っていたらのだから我ながら手に負えない。


しかも、不具合の原因はAさんのミスではなかった。
こんなことをしていては、信頼がいくつあっても足りない。


人を疑う場面に出くわすのは仕方のないことだと思うが、実際にそれを人に指摘するときは、細心の注意を払い、それなりの根拠を揃え、また言葉をよく選ばねばならない。そして、ここでいう「言葉を選ぶ」ということの意味は、決して敬語で飾ることではなく弱々しく発言することでもなく、「失礼にならない言い回し・内容」を選ぶということだ。よく肝に銘じておけ!!!


本当にAさんには申し訳ないことをしてしまったし、プライドを傷つけてしまったと思う。
しっかし、自分に腹がたつ。このブログ書いてても腹が立つ。民法とか簿記とかいいからまず日本語の勉強しろよ糞が。
営業に求められるもの
リーマン板を徘徊中、【何故】内気・内向的なのに営業の人 3【私が】という、今の自分にぴったりのスレを発見した。


スレ内容は、「内気な人間が、営業なんてできるのかー!」「性格と合わない部署に配属されつらい」「資格とって転職する」という愚痴系書き込みや、「内気だけれども、それを乗り越えて営業をやっているという」というアドバイス系書き込み、「内気でも務まるのはどういう営業か?」という分析系書き込み等で構成されている。


愚痴系書き込みには、共感を覚える部分が多い。また、アドバイス系書き込みは、勉強になる。特に、165番のレス(厳密には過去ログの引用)は、非常に興味深い。


要約すると、こんな感じ。
1)内向性・外向性どちらも必要。
2)内向的と自覚しているのならば、外向性(=相手への興味)を高めるべし。
→そのためには、相手が何に興味を持っているか、何を話して欲しいかに対して常にセンシティブになること。
3)同時に、内向的な部分(自分へのこだわり)を減らすべし。
→そのためには、自分の痛みを持って人に尽くしたり、人の幸せを願った行動を心がけるべし。


自分は、世界中に発信されるブログの中に「自分のこと」なるカテゴリを設け、なおかつそのカテゴリの投稿数が多いといった人間なので、自分へのこだわりは非常に強い方だろう。趣味も、読書やノベルゲームなど、自分の内へ内へと入っていくものが多い。また、同期との食事よりも読書を優先してしまったり、特に用事がないのに飲み会の誘いを断ったりと、他者への関心が薄いところがある。さらには、共通の会話となりやすいカラオケ(流行歌)・煙草・競馬といった嗜みもない。


こういうところ、なんとかしないと今の部署ではやっていけんだろうなぁ。
性格を変えるのは難しいので、共通の話題でも増やしていこうかな。時事ネタと業界ネタは仕込んでおこう。あと、流行歌や韓流ドラマとか、最低限押さえておこう。

そういえば、以前飲み会の場で、先輩に「好きな歌手誰?iwashi君は普段どんな歌聴くの?」と聞かれて気色悪い笑み浮かべながら「水樹奈々ですw」と口を滑らしたことがあったけど、こういうところ、なんとかしないと人生やっていけんだろうなぁ。



続きを読む »
規則と現実の乖離なんてよくあること、そこを知恵と経験でなんとかしていかねば、ならんのだよ
愚痴。抽象的文言多し。


今年度から、営業職の強い部署に異動した。前の部署も営業職的なところは多少はあったけれど、どちらかといえば窓口職だった。ただし、目標を達成したか否かで給料に反映されるわけではないから、(世間一般でいう)「ノルマ」がないから、純粋な営業職とはいえないのかもしれないが、それ以外の部分、つまり仕事内容等はもう営業そのものと言い切ってもいいと思う。

現在の部署、面白いところもあるが、全体的にやりにくい。まだ異動して間もないせいかもしれないが、非常に難しい。というのも、従うべき規則が顧客志向でないからだ。

営業は、顧客に満足してもらわなければ、何もならない。当たり前の話だが、顧客が満足するかどうかは、顧客が決めることだ。相手ありきの仕事なのだ。にもかかわらず、だ。我々が従わなければならない規則が顧客志向になっていない。「国の営業方針はこうなんだ!統計データを調査・分析したところ、これで満足するという結果が出てるんだ!!さぁ、満足するんだ!!」という風に作られているのである。現場の職員がいくら顧客思考で頑張っても、職員を律する規則が親方日の丸ではどうしようもない。

もっとも、目の前にいる人だけが顧客ではなく、1億超の国民全員が顧客なのだから、目の前の顧客を満足させられない規則だからといって、顧客志向でないとは言い切れない。したがって、「こんな規則、顧客のためにならん!!」」と現場職員が規則を破って営業活動を行うのはNGである。法令は遵守しなきゃならない。

とはいっても、原則通り仕事をしていては、顧客に満足して貰えるシステムでないのも事実である。だから、あくまで規則の中で、目の前の顧客を満足させるような仕事をしなければならない。たとえて言うなら、ストライクゾーンを広く使っていかなくてはならない。

しかし悲しいことに、昨今の行政改革で、ストライクゾーンはどんどん狭くなっていく。先輩方の話を聞くところによると、数年前から比べても、ずいぶんと狭くなったらしい。改革が行われるたび、僕たちが相手をするお客さんが腹をたてる制度になっていく。僕たちから見ても、腹をたてても仕方がないという制度になっていく。

ストライクゾーンが狭くなれば、僕たちは球を投げにくくなる。投球するのに、慎重にならざるを得ない。なぜなら、野球ではボールが3つまで許されるが、僕たちは一度でも審判に「ボール!」とジャッジされれば、即退場しなければならない。

そして怖いのは、退場を恐れて慎重になっている僕たちを見て、「なにをさぼってるんだ!アイツらは」という罵声が、観客席(みのもんたとかみのもんたとかみのもんたとか。あと、理解のない身内からのものも含む)からとんでくることである。気弱なピッチャーは、ストライクになる自信がないにもかかわらず、投球してしまうかもしれない!ピッチャーは嫌だと思っても、馬鹿な監督や捕手が、投球に入れと催促するかもしれない!


理不尽だ。やってられん。


…そんな不満を先輩にしたら、タイトルにあるようなアドバイス(とお前考えすぎプゲラwwという励ましの言葉)を頂きました。ただ残念ながら僕には知恵が足りないので、観客や監督から投球を急かされるような事態になれば、自ら職を辞することになると思います。










プロフィール

katakutiiwashi

Author:katakutiiwashi
国出先勤務ノンキャリア国家一般三十路。




 

最近の記事
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。